引越し 混載便 デメリット

引越しで混載便のメリットとは

引越し 混載便を利用する時のデメリットお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

引越しをする際に頭を抱えてしまいがちなのが
料金に関することではないでしょうか。
特に長距離引越しの場合は簡単に10万円を超える費用が
かかってしまうことも珍しくありません。

 

ですが、引越しをする際には様々なポイントがあります。
安い業者を探したり、オプションサービスを利用しないということも重要なのですが、
利用するプランについても検討してみると良いでしょう。

 

特におすすめなのが混載便と呼ばれるものです。

混載便とは、複数の家庭の荷物を同じトラックに積み込んで引越すスタイルのこと。
みんなで割り勘をしてトラックを利用するような形になるため、
料金はかなり安く抑えられます。

 

そんな魅力的な混載便ではありますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

引越しで混載便を利用するデメリットとは

大きなデメリットは2つあります。

 

トラックがいっぱいにならなければ出発しないということ。

まだまだ荷物が積めるという状態ではトラックが出発しないので、
同じ地域に引越しをする方が見つかるのを待たなければなりません。

 

多くの業者では1週間以内に引越しが終わるように調整してくれているので、
何週間もかかってしまうことはありませんが、
このあたりは業者によって違うので確認しておいた方が良いでしょう。

 

距離に関することです。

業者によって規定は違うものの、
ほとんどの場合はある程度の距離がないと選択できません。
混載便は長距離引越しに向いているサービスであるため、
短距離の引越しでは選択できない場合があるのです。

 

どれくらいから混載便の利用が選択できるかというのは
業者によって違うので、事前に確認しておいた方が良いかもしれませんね。

 

引越し 混載便を利用する時のデメリットお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

混載便の引越しをお得に済ませるために

様々な業者で取り扱っている混載便ではありますが、
業者によって特徴が全く違います。
料金はもちろんのこと、サービス内容や引越し完了までにかかる時間なども
違うので、よく確認した上で業者を決めましょう。

 

おすすめなのは、10社ほどに対して仮見積もりを取るということです。
10社というとかなり大変だと感じてしまうかもしれませんが、
一括見積もりと呼ばれるサービスを
利用するととても簡単に業者の比較ができます。

 

これは無料で利用できるサービスのことで、
条件に該当しているたくさんの引越し業者に対して、
まとめて仮見積もりを依頼できるのです。

 

引越し業者がたくさんありすぎてどこを選択すればいいのかわからないという方も
一括見積もりサービスであれば自動で業者を探してくれるので安心できるでしょう。

 

引越し 混載便を利用する時のデメリットお勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。